結婚に必要な式や婚約指輪の基本的な知識について知る

招待するとき

指輪をはめた人

手作りする場合に注意すること

結婚式の招待状の作成を業者に依頼する場合、業者側がある程度決まった文面をいくつか用意していることが多いです。
その中から選べば時間も手間もかかりませんが、招待状の文面をオリジナルに変更する方法もあります。
オリジナル性の高い結婚式をするカップルは、二人らしさを出すために招待状の文面は自分たちで考えると言う傾向にあります。
結婚式の招待状は文面だけでなく、全て自分たちで作ると言う人も増えています。
手作りする場合は、パソコンを使えば作ることができます。
手作りの招待状は、温かみを演出するのに適していますが、作り方を間違えるとチープさが目立つ場合もあります。
安っぽいイメージにならないように、紙質などにこだわることです。

招待状の差出人をどうするか

招待客のリストアップが済んで、会場が決定したらすぐにとりかかった方がいいのが、結婚式の招待状の作成です。
招待状を作る際には、文面や紙のデザインなどを先に決めがちですが、差出人を決めておくことも大事です。
昔は、結婚は家と家が結びつくものと考えられていたので、差出人を親にするのが当たり前とされていました。
しかし、現在では結婚は個人と個人が結びつくものと考えられるようになって、差出人を親ではなく本人たちの名前にすることが主流になってきています。
また、友人には結婚する本人たちの名前で出し、年配の方には親の名前で出すと言うパターンもあります。
礼儀を重んじる傾向にある年配の方への配慮も必要になってきます。